2007年02月16日

capter 1-1 : 基本的概念 (1)

 できるだけわかりやすく、明確に示していきたいと考えていますが、何分、私はプラトン主義ではなく、解剖学的な知見から物事を見ており、幾分ヘーゲル主義的な考察を行う(たとえば『差異論』『精神気象学』『論理学』或いは「無」の思想など、といった)傾向にあります。

 このため、周囲には誤解を受け易く、或いは、理解し難いと訴えられるケースが多いので、まず始めに、『脳内理論計算上の形』について説明していきます。

 基本的には、解剖学的に、或いは、至って非人間的な理学・工学的な知見を土台に、理論展開しています。ご容赦ください。


 一般的には、物理学者たちが問題とする『人間原理』といった、ドーキンスがいう『利己的な遺伝子』の振る舞いを是とした『プラトン主義』が主流と思われますが、これが正しい解かといえば、そういうわけではなく、数学で公式に当てはめて理論計算をすれば、矛盾が生じたり、パラドックスが生じたりします。

 では、何が正しいのかといえば、実は正しい解どこにもなく、それはケース・バイ・ケースになります。

 その解は、問題としている本人でなければ導けません。

 何故なら、そもそも地球環境は不確定要素を多く含む非線形(カオス)で現れてくるものであるので、環境によって大きな違いがあり、その環境下で生物が生き続けるためには、個々が環境下から受ける選択圧に対応するために自然淘汰しなければならないから、であるわけです。

続きを読む
【関連する記事】
posted by brain at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | consept | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Welcome Message(翻訳版)

 本ブログの立ち上げにあたってのご挨拶として、まず英訳から示します。

 Hi, Welcome to my blog.

 Because I show it plainly,I am sorry, but please understand it.

 I will try to watch things for scientific knowledge by a certain various phenomena.

 I take the phenomenon global and inspect it on a parallel world and will watch straight fact.

 Don't you try to think, too?

 次に原文を示します。

 私のブログへようこそ。

 本ブログ内の本文につきましては、ありのままに示していますので、申し訳ありませんが、ご了承ください。

 私は、ある様々な現象を科学的知見で、物事を見ていきます。

 様々な現象を直視し、よりグローバルに見て、パラレルワールド上で検証し、ありのままを見ていきます。

 ところで、あなたも考えてみませんか?

――といったことが英文にて書かれているわけですが、とりはじめ、早々、何でありますが、ここでちょっとした実験を行います。

続きを読む
posted by brain at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Read Me | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。